ストレス解消法は音楽や料理や睡眠だけじゃなかった!!

ストレスが溜まったら、音楽を聞いたり、大声で泣き叫ぶあなたへ!解消法は他にもあります。料理や掃除、睡眠以外にもたくさんありますよ?このサイトではストレスを発散する色々な方法をご紹介しているので、ぜひ自分にあったストレス解消法を見つけてください。

ノートに嫌なことを書いてストレス解消

こんにちは、モモです。

今回はノートに自分の感情を書き出すことで、ストレスを解消した方の体験談になります。

【お名前】

ピカリン 41歳 男性

【ストレスの原因

一般家庭に訪問販売をする営業の仕事をし始めてからです。

ピンポーンを押して見知らぬ人に会い、人に気を使いながら商品説明。話をしたくも無いのに、話さなければならない苦痛。

基本話を聞く気がなので、「いらない。結構です。」の断り文句の山。それらが原因でストレスが増えました。

40代男性のストレス解消法

今回はピカリンさんに、このような質問をしてみました。

  • ストレスを感じてどのような状態になったのか
  • 今までで一番効果のあったストレス解消法
  • このストレス解消法を試した感想・気持ちや体調の変化
  • この他に試したことがあるストレス解消法
  • 試したけれど効果がなかったストレス解消法
  • おすすめのストレス解消グッズ
  • ストレスを感じている方へのアドバイス

それでは早速、見ていきましょう!

ストレスを感じてどのような状態になったのか

大きく分けて3つあります。

まず、気持ちの浮き沈みが激しくなりました。何をしていても自信が無くなってしまい、日常生活をしていて不安なことを考えてしまうようになってしまいました。

何をしていても楽しくありません。テンションが上がったと思いきや急降下です。

次に、仕事に行きたくなくなり、朝起きることがすごく苦痛です。小学生が登校拒否をするような感じです。

夜や仕事が休みの日はすごく嬉しいし、楽しいです。ですが、いざ朝になると気分は最悪になります。

そして最後は、仕事に行くけれど「どうせ断られるからピンポーンを押したくない」という恐怖でいっぱいです。でも、仕事なので行くしかありません。やるしかありません。

精神的にかなり追い込まれている状態です。負のイメージしかわかない状態になってしまいました。

今までで一番効果のあったストレス解消法は?

ノートにその日にあった出来事を書くことが一番効果があり、気分がスッキリしました。

最初は一日の終わりに今日の嫌な事、ムカつく事、人に言われた事の愚痴、文句をノートに思う存分書きました。

誰も見ないので汚い言葉や卑猥言葉でも、とにかく自分の言葉で思ったことをがむしゃらに、飽きるまで書きました。

f:id:rinnrinn3:20170726183724j:plain

このストレス解消法を試した感想・気持ちや体調の変化

やり始めてから、溜めていた心のモヤモヤのはけ口が見つかりました。

今までは自分の心の中に溜め込んでしまうだけでしたが、心がスーっとサッパリします。例えるなら、汗だくの体をシャワーで洗い流した感じです。日に日に顔に艶が出てくるようになり、気分晴れやかになってきました。

仕事中にムカついても、嫌なことがあっても「帰ってムカつくノートに書けばイイや。」って思うようになりました。そのため、人に何を言われても気にならなくなってきました。

そうなってくると朝起きることが苦痛ではなくなり、仕事に行かないと書く内容が無くなってしまうので、毎日が楽しくて仕方がないです。

おかげさまで、体調も良くなり元気にもなりました。何より自信を取り戻すことできました。

この他に効果のあったストレス解消法は?

  • 休みの前日は朝までカラオケ。大声を出してとにかく暴れる。
  • お風呂で30分の半身浴。
  • サウナで汗を流す。
  • クラブで騒ぎまくる。
  • 自転車、短距離など猛ダッシュ、とにかくエネルギーの発散。
  • 公園や川などで一日ボーッとしている。

試したけれど効果がなかったストレス解消法

マラソン。これは逆にストレスが溜まりました。

基本、長距離を走る事が苦手なので、無理してやったたら余計にしんどかったです。嫌いな事を無理してやることは合いませんでした。

後は、人から進められた釣りは全くダメでした。ストレスとイライラでもう二度とやりません。

おすすめのストレス解消グッズ

ストレス解消パンチバッグ


思いっきりぶっ飛ばせて気持ちがいいです。

ただ、感触がちゃちいので物足りない部分もあります。

仕事でストレスを感じている方へのアドバイス

気にしないというのは無理です。

ストレスを発散しよう、解消しようと決めてやるよりも、まず自分はストレスを感じていると自覚する事が大事だと思います。

ストレスを感じたら、次に感じた時に何をするかを決めておくといいでしょう。私の場合は、「ストレスをメモして、自宅でムカツクノートで発散してスッキリ」の繰り返しでした。

なので、自分なりのはけ口をみつけ、それを少しずつでもいいので外に出すことが大切だと思います。

例えばコップに水を注ぎます。コップより水をいっぱい入れてしまえばあふれてしまいますよね。でも、どこかに穴を開けたり、いっぱいになりそうだったら水を捨てればいいだけです。ただそれだけです。

きっとあたななら大丈夫です。こんな私でもストレスの解消法を見付けられたの問題ないです。あなたは私より優秀なので大丈夫です。

ピカリンさん、ありがとうございました!

書くことでストレス解消した他の方の感想

この他にも書くことでストレスを発散された方がいらっしゃいます。

その方達にもどのような変化があったのか、感想を聞いてみました!

あやさん 25歳 女性

カラーセラピーの方法の一つなのですが、赤いペンで自分の怒りを文章に書くという方法が私には合っていました。イライラしたら紙にひたすら赤ペンで書く簡単な作業です。

赤は怒りを表す色です。白紙に赤ペンで怒りをぶつけることで、ストレスが解消されるという方法です。

イライラしている気持ちを紙に書き出すことで、書いてる間はまだイライラしているし、冷静になれない状態が続いていますが、書きつづけていると誰かに聞いてもらっているような受け止めてもらえているような感覚になり、少しずつ冷静になれました。

実際に誰かに愚痴を聞いてもらうとスッキリするかとは思いますが、少し罪悪感を感じる方って多いんじゃないかと。

でもこの方法は紙に書き出すだけですし、罪悪感を与える相手もいないし、自然とイライラがおさまっていくので、私的にはとってもいい方法だなと思います。

イライラを書き出したことで心がスッキリしたあとは、紙をくしゃくしゃにしてゴミ箱にポイするだけです。

リンさん 29歳 女性

ネットの質問コーナーなどに姑から受けたことを投稿しました。

ストレスがたまってどうしようもない時や姑が帰宅した後に、「こういう事を言われた、ああいう事をされた」と書き込みました。

返信を読んで、悩んでいるのは自分だけではないとわかったことが大きいです。

身近なママ友は良いお姑さんばかりのようで愚痴を言っても理解できないようでしたが、ネットで共感してくれる人が一人でもいてくれるのが心の支えになりました。

客観的に文章にしたことで自分が何をされて嫌だったのか、どうしてこんなにイライラしているのか、何をされたくないのかわかったので、主人にも相談しやすくなりました。

もちろん、返信してくれた方々にも姑とのかかわり方などのアドバイスをいただいたので、それもとても参考になりました。

自分で言っても悪化しただけだったので主人から姑に話してもらい、アドバイス通りに対応するようになったらだんだん気分も落ち着いてきて、誕生日や子供の日などのイベントも一緒に祝えるようになりました。

まみさん 25歳 女性

仕事が終わったあとやイライラしている時、精神的に辛くなってしまった時は、自分の気持ちをインターネット(ブログやツイッタ―など)に匿名で書き込みました。

書き込む内容は具体的に、文章はバラバラでもいいので書きなぐるように書いていきました。匿名なので思ったことをはっきりと包み隠さず書くことが重要でした。

職場の愚痴や恋愛のことなど素直に自分の思っていることを書きだしてみると、共感してくれる人や別の視点からの意見を知ることができました。

自分だけがこんな思いをしているとか不満に思っているわけでなく、同じように考えている人がたくさんいることに勇気づけられることがありました。

また、書いているうちに「自分は本当はこう思っていたんだ」と気付くこともあり、頭の中の整理にもなりました。

文章に起こしてすべて吐き出すと、色々な悩みが解決するわけではありませんが、心の中に閉じ込めず吐き出してしまったという爽快感がありました。

そしてその文章に、他人の意見が返ってくると誰かに聞いてもらったという満足感も生まれました。

ストレスを解放できると体も軽くなり、外に出ようかなという気持ちの余裕もできました。

チューリップさん 41歳 女性

私の解消法は、とにかくノートに思うことを書き続ける事です。

感情が高ぶっていたり、心臓がドキドキと音が聞こえるのではないかというくらいストレスを感じている真っ最中に書くことがポイントです。

誰に見せるわけでも無いので、多少字や文章が雑でも気にせず、気持ちが落ち着くまで書き続けます。

イライラを消すために物を食べてしまう時期がありましたが、それはそれでまたストレスになります。

物を食べ続けてしまったときは、吐き気がしたり体重が増えたりといったことが多かったのですが、それもありません。

ノートに落ち着くまで書き続けるので、逆に「書くのを止める時はイライラをおしまいにするんだ」という自分の気持の整理と覚悟もできました。

また、しばらくしてノートを見直すことがあります。イライラが無い時に見直すと、落ち着いて自分の態度を反省したり、今平穏であることへの感謝をしたりすることができます。

逆に、ストレスを感じた時に、過去のノートを見直すこともあります。内容ももちろんですが、このノートの存在自体が心の支えになっている部分もあります。

しろはるさん 25歳 女性

私が今までで一番効果があったと思うストレス解消方法は、真っ白な紙にボールペンで思いっきり殴り書きすることです。

夜、授乳終わりに力強く無心で数分ほど殴り書きして、時にはその紙を破り捨てるととてもスッキリします。

無心で殴り書きをすることでスッキリするとともに、次に子どもが泣くまで私も一緒に休む時間なんだと前向きに考えることが出来ました。

多分他人から見るとだいぶやばい人に見えると思いますが、この方法を試して心に余裕を持てるようになりました。

言葉数も増えて明るくなったと周りの人から言われることも多くなったので、この方法をストレス発散として見つけることが出来てよかったと思います。

私が一番変わったことと言えば、子どもがいるからこそ自分も綺麗でいようと思えるようになったことです。

ストレス発散をする前は化粧もせず、髪もボサボサで毎日を過ごしていました。

けれど、この方法を見つけてからは何事も明るくした方がいいと思えるようになり、美容室に行き毎日化粧をするようになり、服装にも気を使って綺麗なママでいるよう努めることが出来ました。

感想は以上になります。みなさん、ありがとうございました!

その他の体験談はこちらでご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

ストレス解消法まとめ!上手に発散する方法を教えます