ストレス解消法は音楽や料理や睡眠だけじゃなかった!!

ストレスが溜まったら、音楽を聞いたり、大声で泣き叫ぶあなたへ!解消法は他にもあります。料理や掃除、睡眠以外にもたくさんありますよ?このサイトではストレスを発散する色々な方法をご紹介しているので、ぜひ自分にあったストレス解消法を見つけてください。

通勤電車の10分間読書でストレス解消する

こんにちは、モモです。

今回は通勤電車の中で10分間読書することで、ストレスを解消した方の体験談になります。

【お名前】

ザッキータ 33歳 女性

【ストレスの原因

学生時代、社会人になってからも主に人間関係で悩み、それが一番のストレスを感じるようになりました。

私自身がちょっとしたことで精神的に傷つきやすい面を持っているためか、一つの環境に順応することが苦手でもあります。

主に相手の言葉遣い、態度に少しでも不機嫌であることを感じてしまうと自分自身が悪いのではないかと責め込んでしまう癖が強く、そこにストレスを感じやすい原因があると考えております。

30代女性のストレス解消法

今回はザッキータさんに、このような質問をしてみました。

  • ストレスを感じてどのような状態になったのか
  • 今までで一番効果のあったストレス解消法
  • このストレス解消法を試した感想・気持ちや体調の変化
  • この他に試したことがあるストレス解消法
  • 試したけれど効果がなかったストレス解消法
  • おすすめのストレス解消グッズ
  • ストレスを感じている方へのアドバイス

それでは早速、見ていきましょう!

ストレスを感じてどのような状態になったのか

はじめは「学校、会社に行きたくない」という気持ちが生まれ、日曜日の夜が憂鬱である「サザエさん症候群」から始まりましたが、悪化すると休日の前の日の深夜(土日が休みであれば金曜日の深夜帯)から憂鬱な気持ちが生まれました。

我慢して通学、通勤をしますが、早朝からの胃痛、さらに悪化すると手足の震え、眼瞼けいれんなどの身体症状が出始めます。

気持ちの面では「あの人がいなくなればいいのに」「私が死んでしまった方が周りは幸せになるのではないか」と他者への恨み、自責の念にずっと襲われます。

この状態が続くと家族や友人との他愛ない話を斜に構えて聞いてしまう、あるいは内容がまったく頭に入らない状態になり、さらに自分自身への絶望感が生まれます。

他者への怒りが自身への怒りや絶望へとつながり、人生は苦難しかないものと考えてしまいます。

今までで一番効果のあったストレス解消法は?

朝夜、通勤帰宅の電車内で、文庫本(ビジネス書などの仕事に関連のないもの)を、10分ほど読むことが私にとってよいストレス発散方法です。

運動をすることもひとつの選択肢にありましたが、体力的な負担を考えやめました。

脳に楽しい情報を与え笑いで快感を得て、あるいは本からほんの少しの雑学を覚えることで実生活での楽しみも生まれるかもしれません。

本に関しては、エッセイ集やあまり長くはないほのぼのとした小説、楽しい笑いがある内容をおすすめします。

ただし、仕事で悩んでいる方は、ビジネス書や仕事に関連する書籍は疲れが取れず、逆にストレスを増幅させてしまうので避けましょう。

f:id:rinnrinn3:20170726175831j:plain

このストレス解消法を試した感想・気持ちや体調の変化

ストレスを感じることは、自分にとって不快な思いが常に頭の中を巡っている状態であると思います。

その中でエッセイ集や少し笑える随筆、人間模様を描く小説を読むことにより本の世界に集中し、思い悩んでいる雑念を忘れる時間ができます。

10分の読書のなかで雑念を忘れる時間はほんの少しであり、内容が頭に入らないこともあります。

けれどそれをあまり気にせずに、読める範囲で読んでいくうちに本の世界に興味を持つことができれば、雑念を消す時間が少しずつ増えました。

その日その日の体調や気持ちによっては雑念を忘れる時間が作れないかもしれませんが、続けることによって本への集中力も増していきます。

本を読むことを一日の楽しみに変えていけたら、本を読むためにもう少し頑張ろうと思える瞬間がありました。

この他に効果のあったストレス解消法は?

軽いストレッチ運動です。

ダイエットにもなり、身体を動かすことでも雑念を少し消し去ることができるのではないかと思います。

試したけれど効果がなかったストレス解消法

長風呂です。のぼやすいので頭痛がしたりと身体への負担があったり、精神的にもあまり楽になりませんでした。

おすすめのストレス解消グッズ

まさるくんかおであそぼう

http://www.nansin-kakou.jp/masaru/masaru_info.html

握りしめることで血行が良くなり、入眠にかかる時間も少し減ったように感じました。

人間関係でストレスを感じている方へのアドバイス

人間関係のストレスは、長い人生において切っても切れない関係だと考えております。

そのなかで精神的に逼迫した心理状態が続くと身体にも影響し、倒れてしまったあと再起不能になる場合もあり得ます。

転職をするなど環境を変えて改善される場合もあるので、思い切って仕事を辞めてしまうことも一つの手段だと思います。

友人関係に悩む場合は、しばらく距離を置くなどもあります。

しかしながら収入面が不安など、なかなか仕事を辞めるタイミングをつかめないこともあると思いますし、友人関係に至っては共通の友人同士のつながりの不安もあったり、なかなか行動に移すことができないこともあります。

一日のなかでほんの数分でも自分にとって楽しい笑いが少しでもあれば、その時間で良いホルモンを生み出せると思います。

ほんのわずかでもいいので、楽しいことを見つけて一緒に頑張っていましょう。あなたのストレスが少しでも改善されるよう、微力ながらお祈りいたします。

ザッキータさん、ありがとうございました!

その他の体験談はこちらでご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

ストレス解消法まとめ!上手に発散する方法を教えます